19XX年
東京浅草に生まれる。
1967年
ギターを始め小宅庄司(松田晃演門下)本間良博、坂中浩治、各氏師事する。
1971年
ベルギー国際コンクールにて、弦楽器部門でギターとしては初めてファイナリストを努める。
1973年
中央大学法学部入学、この年よりプロ演奏家として活動を開始する。
1974年
小宅音楽院にてギター教授を勤める。
1976年
ヨーロッパへ音楽留学。
1979年
ヨーロッパより帰国。
1980年
ソロ演奏、室内楽、協奏曲等の演奏活動を開始。
1981年
演奏活動を休止。
1988年
7年の空白期間を経て活動再開。
1989年
エドワルドフェルナンデス、葉登民氏、藤井 敬吾氏、デビット・ラッセル氏などの協力のもと演奏に広がりが生まれる。
1990年
中国と日本で、演奏・講師活動に多忙な日々を送る。
1993年
南京芸術大学器楽系ギター講師として学生の指導に当たる。
1994年
南京芸術大学副教授の作曲家 王 建元氏より作品の献呈を受ける。
1995年
中国の主要都市にてコンサートツアーを実施。
1997年
上海市松江区人大常委員会にて講演と演奏を行う。
1999年
日本人として、またギターリストとして初めて上海音楽庁にてソロコンサートを行う。
2000年
国際芸術連盟会員(演奏家部門)に選出される。
2000年
上海電視台 音楽番組に度々出演する。
2001年

上海音楽庁にて 藤井敬吾氏と二重奏のコンサート開催。大好評を博す。この年より、上海音楽院フルート科教授の撲 美香氏との二重奏をスタートさせる。  ヤマハ楽器主催の音楽フェステバルや 花園飯店での定期コンサート等のファイナリストを務める.

2002年

日本人として初めて 上海大劇院にてコンサートを受け持つ。 上海大学教授・音楽家また上海交響楽団指揮者としても有名な 曹 鵬氏より絶賛を博す。

2005年
ソロ演奏の他、室内楽に重点をおき日本と中国で活躍中.
2006年
日本演奏家協会会員・上海国際ギター連盟主席理事・上海音楽院 現代音楽系客員教授。
2006年
[Gen:Ten]開設。